目の疲れをいやす方法

眼鏡を使っている場合でも、度が合っていないために眼精疲労に進行してしまうことがあります。

その訳ですが、眼鏡店で眼鏡を作ると過矯正になったり、必要ない乱視矯正をしてしまうことにあります。過矯正は遠いところを見るときはうっすら見えても、近距離は見えにくくなるでしょう。遠いところを見るときより、近くを見つめたほうが、強い調節力が必要です。

近見視力が悪いということは、コドモが自分のテリトリーで作業をやるとき、ピントが合わないのを無理に合わせることになるものです。

そのときに近見視力が弱いコドモは、肩凝りや目の疲れ、という症状が出てしまいます。目への疲れが積もると、疲れ目への悪化のスピードが速くなるでしょう。
そして、ケアをしないままにしてしまうと、眼精疲労に進んでしまいます眼精疲労の状態になると、症状は沿う簡単には改善しません。
出来る限り最初の段階で疲れた目を休息させることが必要なポイントとなっているのです。
コンタクトは遠くを見られるように視力を合わせています。

近距離を長く見つめると目の筋肉が負担をうけ、眼精疲労となる可能性が強くなるでしょう。

コンタクトの調子がよくても、3~6ヵ月毎に怠けずに検診をうけるようにしましょう。それが改善に大事なことです。

コンタクトの装着には時間厳守と正しいケアが必要です。装用の理想的な時間は11時間で、装用時間分は休ませたいところです。

決められたようにしっかりとケアを実行することが安全なコンタクト装着のポイントとなるでしょう。

コメントをどうぞ

*

カテゴリー
お気に入り