‘目の疲れ’ カテゴリー

眼精疲労を治す訓練

近くと遠くを繰り返して眺める体操も一押しです。
やり方はシンプルで、30センチの距離と3メートル先の距離に目標物を定め、5~10秒置きに繰り返して眺めるだけです。

この単純な方法をやるだけで、近くにピントがフリーズしている状態を緩和することができます。親指をそれぞれたて、肩幅と同じくらいの広さに伸ばして、親指をそれぞれ繰り返し見ます。

徐々にそのスピードを上げ、親指同士の間隔も広く変えていきます。一定の場所を凝視することからくる眼筋の硬化を緩和させます。

やる時間は飽きない程度でかまわないでしょう。

みなさんは、網膜で結ばれている像を脳にニュースとして伝えることでものを識別しています。目で眺めていると思いがちですが、現実では「脳でものを識別している」ことになります。
これが実態です。そこで、毎日のセルフケアが大事になります。眼精疲労を軽減させるためのケアは極力毎日やり続けて頂戴。あなたを眼精疲労の悪化を防ぎ、健康な目でいる適切な方法なのです。ケアを忘れず行うことが眼精疲労の治療の道なのです。
言わずもがな、右と左の視力が異なる状態でものを眺める生活をずっと継続させると、毛様体筋に疲労感がたまります。その疲労の積み重ねで毛様体筋や眼筋の調節が破壊されてしまい、眼精疲労を引き起こしても全然不思議はないのです。

目の疲れをいやす方法

眼鏡を使っている場合でも、度が合っていないために眼精疲労に進行してしまうことがあります。

その訳ですが、眼鏡店で眼鏡を作ると過矯正になったり、必要ない乱視矯正をしてしまうことにあります。過矯正は遠いところを見るときはうっすら見えても、近距離は見えにくくなるでしょう。遠いところを見るときより、近くを見つめたほうが、強い調節力が必要です。

近見視力が悪いということは、コドモが自分のテリトリーで作業をやるとき、ピントが合わないのを無理に合わせることになるものです。

そのときに近見視力が弱いコドモは、肩凝りや目の疲れ、という症状が出てしまいます。目への疲れが積もると、疲れ目への悪化のスピードが速くなるでしょう。
そして、ケアをしないままにしてしまうと、眼精疲労に進んでしまいます眼精疲労の状態になると、症状は沿う簡単には改善しません。
出来る限り最初の段階で疲れた目を休息させることが必要なポイントとなっているのです。
コンタクトは遠くを見られるように視力を合わせています。

近距離を長く見つめると目の筋肉が負担をうけ、眼精疲労となる可能性が強くなるでしょう。

コンタクトの調子がよくても、3~6ヵ月毎に怠けずに検診をうけるようにしましょう。それが改善に大事なことです。

コンタクトの装着には時間厳守と正しいケアが必要です。装用の理想的な時間は11時間で、装用時間分は休ませたいところです。

決められたようにしっかりとケアを実行することが安全なコンタクト装着のポイントとなるでしょう。

カテゴリー
お気に入り